banner_04.gif 投票/クリックお願いします

2007年02月15日

出演者が語る「The Dreamettes」「The Dreams」

 タレントコンテストに挑戦するスターを夢見る3人組のガールグループ「The Dreamettes」はR&B界のスタージミー・アーリーのバックコーラスとしてプロとなり、そして白人向けの高級クラブ「クリスタルルーム」で「The Dreams」としてデビューを飾ると、一気にスターダムを駆け上がります。
 映画が冒頭でジェニファー・ハドソン演じるエフィーがアレサ・フランクリンやエタ・ジェイムスを髣髴させるボーカルでリードを歌い、ビヨンセ演じるディーナとアニカ・ノニ・ローズ演じるローレルがバックコーラスという布陣で「Move (You're Steppin' On My Heart)」を披露しますが、3人スターを目指すまだ垢抜けない女の子達に見事なまでになりきって化けていますので、「ビヨンセどこ?」って誰もが思うはずです。プロになり、どんどん磨かれていくと3人がそれぞれにスターの輝きを放っていくのですから素晴らしい役作りです。
 エンディングロールではThe Dreamsのかつ活躍が「カーテンコール」の曲に乗せて次々と映像として流れてくるのですが、まるで実在したグループのドキュメンタリーを見ているような錯覚に陥るしかけはさすがハリウッドだなと関心させられました。
 今月スカパー!でオンエアされている「ドリームガールズ」で特集番組キャストが3人の役柄についてコメントしていますのでご紹介しておきます。

出演者が語るディーナ
ビヨンセDreamettes ディーナ
ビヨンセ
「ドリームメッツは、スターを夢見てがむしゃらにがんばる3人の女の子」
「ディーナは自分を売り込むために必死」
「リードシンガーの交代した最初のステージで、見事な歌声を披露するの」
ジェイミー・フォックス
「カーティスはディーナに惹かれていた」
「でも仕事が軌道にのるまで気持ちを抑えていたんだ」
ビヨンセ
「[夢]と聞くと輝かしい未来ばかり想像してしまうけど、その影にはつらいこともたくさんある」
「(One Night Onlyを歌うシーン)このシーンは私のためにあるとおもった、だから自分のもてる力をすべてぶつけたかったの」


出演者が語るエフィー
ジェニファー・ハドソンDreamettes エフィー
ジェニファー
「エフィーは自分の才能を信じる自信家」
「思ったことは必ず口にするタイプね」
「(リードの交代で)エフィは深く傷つきやけをおこすようになった」
「カーティスを許せなかったのね」
ビヨンセ
「そしてみんなの関係が変わり始めていくの」
「エフィーにはディーナのバックで歌うなんて無理だった」
「この映画がジェニファーの初出演よ、プレッシャーに負けず堂々とした演技をみせてくれた」

出演者が語るローレル
アニカ・ノニ・ローズDreamettes ローレル
アニカ
「ローレルも音楽での成功を夢見る明るい女の子よ」
「男らしくてセクシーなジミーにみつめられてローレルはめろめろなの」
「成功が常に幸せとは限らないわ」
posted by Alex at 17:55| Comment(2) | TrackBack(0) | About Dreamgirls | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:36
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。