banner_04.gif 投票/クリックお願いします

2006年12月18日

全米興行成績 2006年12月15-17日

1 - The Pursuit of Happyness $26,541,709 (2852)
2 - Eragon 20th Century $23,239,907 (3020)
3 - Charlotte's Web $11,457,353 (3566)
4 2 Happy Feet $8,358,421 (3335)
5 3 The Holiday Sony Pictures Releasing $8,014,713 (2614)

==============================================

19 - Dreamgirls $378,950 $378,950 (3)

()は上演劇場数

今週はニューヨークとロスアンゼルスの3館での先行ロードショーのみの成績になります。
posted by Alex at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | News on Dreamgirls | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ゴールデングローブ賞 Dreamgirlsから4部門にノミネート

来月15日に開催されるゴールデングローブ賞、アカデミー賞の前哨戦としても注目されていますが、映画「Dreamgirls」が5部門でノミネートされました。コメディー&ミュージカル映画部門の作品賞、ビヨンセがコメディー&ミュージカル映画部門主演女優賞、ジェニファー・ハドソンが助演女優賞、エディー・マーフィーが助演男優賞、そして「Listen」がオリジナル楽曲賞にノミネートされました。
ノミネート一覧はこちら
posted by Alex at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | News on Dreamgirls | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

映画「Dreamgirls」サントラ 感想など

映画「Dreamgirls」サントラ発売
 全米での公開が目前に迫った映画「Dreamgirls」のサウンドトラックがリリースされました。通常盤(詳細はこちら)と2枚組のコレクターズ盤(詳細はこちら)の2パターンありますが、「One Night Only」のリミックスバージョンに後ろ髪ひかれつつとりあえず通常盤で我慢。まだ、主な曲しか聴けていませんが感想など。

ブロードウェイ盤との比較
 どうしても1982年のブロードウェイオリジナルキャスト盤との比較で聞いてしまいますが、まず驚いたのがオリジナル盤にほぼ忠実なアレンジでレコーディングされているところ。これはうれしくもあり心配なところでもあります。時代背景などをオリジナルのミュージカルと映画で変えていないので、極端に新しいアレンジにするのは無理があったかもしれませんが、これで今の若い人たちにアピールできるのかは疑問が残りました。映画化まで20年かかってしまったことがこの映画の致命傷にならなければいいのですが。

続きを読む
posted by Alex at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Music on Dreamgirls | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

ハッピーバースデイ ビヨンセ

 今日はDreamgirlsで本格的な女優デビューを飾るビヨンセのお誕生日です。彼女はこの日にあわせでアルバム「B-DAY」をリリース。なんと今日は東京武道館でのイベントのため来日中でもあります。ソニーのサイト見ると(こちら)見ると9月1日から買えるよなんて気の抜ける告知がわーい(嬉しい顔)。確かに土曜日にタワーレコードへ行ったらすでに店頭に並んでおりました。




posted by Alex at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | About Dreamgirls | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ビヨンセ 10キロ減量の秘密はグラノーラ

New Zealand's source for entertainment news, gossip & music, movie & book reviews on Stuff_co_nz Beyonce's weight-loss trick - cereal
 映画「Dreamgirls」の役作りで20ポンド(約10キロ)の減量に成功したビヨンセ。その秘訣はシリアルだったそうです。中でもグラノーラシリアルが特にお気に入りだったとか。
 グラノーラとはシリアルにドライフルーツやナッツ等をトッピングして結着させたもののことで、最近では日本のスーパーでもいろいろな種類のものが並んでいますよね。牛乳好きなのでわたしもシリアルは大好きでいろいろ食べてます。ドライフルーツやナッツがミックスされたグラノーラは以前はいわゆるコーンフレークに比べてお値段高めな設定だったのが、いろいろなメーカーで競合しだしてからは心持ちお手ごろになったような気がします。食物繊維たっぷりですから、満腹感が得られて腹持ちがよさそう。くれぐれも普通の食事した上にグラノーラも食べるなんてことは…自分が一番しそうですね、おいしいですから。

アララオーガニックブランベリーミューズリー300g(箱)自然の美味しさを生かした
ナチュラルなヘルシーミューズリー

サクサク感が楽しいフレークと
ブランウェハースに、ストロベリー、
ブルーベリーをブレンド。
ほどよい甘酸っぱさが心地いいヘルシーフードです。


アララオーガニックブランベリーミューズリー300g(箱)600円
posted by Alex at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | About Dreamgirls | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ブロードウェイ版オリジナルキャストアルバム

DREAMGIRLS/Original Broadway Cast Album
 映画化を前に予習を兼ねてアマゾンで発注しましたが、映画化で売り上げがこっそり伸びてるのか1ヶ月近く待たされてしまいました。
収録曲
Amazon AMG
Move(You're Steppin' On My Heart)
Fake Your Way To The Top
Cadillac Car
Steppin' To The Bad Side
Family
Dreamgirls
Press Conference
And I Am Telling You I'm Not Going
Ain't No Party
When I First Saw You
I Am Changing
I Meant You No Harm
The Rap
Firing Of Jimmy
I Miss You Old Friend
One Night Only
Hard To Say Goodbye, My Love
iTune購入サイトはこちらへ
ミュージカルを離れても楽しめるナンバーがいっぱい
 台詞を歌詞にしてメロディーにのせているミュージカルナンバーは舞台を離れて楽しめない場合もあるかもしれませんが、「Dreamgirls」から生まれたナンバーはミュージカルの内容を知らなくても楽しめるものが多いです。
 人気ナンバーワンはなんといっても「And I Am Telling You I'm Not Going」でしょう。オリジナルキャスト盤でジェニファー・ホリデイが歌ったバージョンはシングルカットされR&Bチャートで堂々の1位を記録し、トニー賞にとどまらずグラミー賞をも彼女にもたらすほどのインパクトになりました。ボニー・タイラーのハートウォーミングなカバーバージョンも好きですが、なんといってもこのスケールの大きなバラードにはジョにファー・ホリデイのストロングボイスがぴったりです。そのほかにもアゲアゲのダンスミックスもあったと記憶していますが、時代を超えたスタンダードになってる曲です。
 「I Am Changing」もジェニファー・ホリデイのボーカルでヒットチャートに登場した曲。「And I Am Telling You I'm Not Going」にくらべてマイナーですが、曲としてはこちらのほうがおもしろくてキャッチーかもしれません。
 「Family」は、先日別のエントリーのコメントでダイアナ・ロスが1983年のセントラルパークコンサートで歌ったことをご指摘いただきましたが、ハートウォーミングな歌詞の曲。
 「One Night Only」はキャッチーで軽快なナンバーで、スローではじまってディスコ調になるところなどはジョルジオ・モロダーとドナ・サマーのヒット曲を意識したんではないでしょうか。2年前だったかのエミー賞のオープニングでも歌われてましたね。そのとき司会のヒュー・ジャックマンからパフォーマンスしたお姉さん方に「ドリームレッツの皆さんありがとう!」といった紹介がありましたは、「Dreamgirl」からのつながりだったんですね。
posted by Alex at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Dreamgirls on Broadway | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

DreamgilrsとSupremes

1960年代に実在したスーパーグループ
the Dreams v.s. the Supremes
 Dreamgirlsのプロットは1960年代に大活躍したSupremesスプリームスの成功物語を拝借したといわれています。ダイアナ・ロス、フローレンス・バラード、メアリー・ウィルソンの3人の少女達は、従来の黒人白人の垣根を越えて人気を博し、12曲をヒットチャートのトップに送り込んだスーパーグループとしてミュージックビジネスのトップに君臨。世界を席巻したイギリスのビートルズに対して唯一対抗できるアメリカ人と言われるほどでした。
(日本では当初シュープリームスとして紹介されていましたが、80年代頃から日本のレコード会社は英語の発音に近いスプリームスと表記するようになり…今はまた日本人に愛着のあるシュープリームスと表記するようになっているようです)
DreamgirlsとSupremesの共通点
 Dreamgirlsの中でエフィ・ホワイトがフローレンス・バラード、ディーナ・ジョーンズがダイアナ・ロス、ローレン・ロビンソンがメアリー・ウィルソンとそれぞれを参考にしてキャラクター設定されていますが、フィクションと言うにはあまりにもDreamgirlsとSupremesには酷似した部分が多いのです。続きを読む
posted by Alex at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | the Dreams/the Supremes | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

映画版Dreamgirlsのキャスト

The Dreams
ジェニファー・ハンソン/Jennifer Hudson
 ミュージカル版では主役扱いのEffie White/エフィン・ホワイト役はアメリカンアイドル出身のジェニファー・ハンソン。ほとんど新人に近い彼女の起用は大抜擢ですが、当初は、そのアメリカンアイドルでジェニファーに勝ってアメリカンアイドルとなったファンテージアの起用も健闘されたたというから驚き。別のライバル物語がキャスティング段階であったわけですね。

ビヨンセ/Beyoncé Knowles
 ミュージカル版では主役のライバル的存在だったDeena Jones/ディーナ・ジョーンズ役には元ディスティニーズチャイルドのビヨンセ。自らもスーパーガールグループでリードボーカルだったという経験を持つビヨンセがこの役どころというのは大きな話題になること間違いなし。彼女はインタビューでDreamgirlsの元ネタとなったthe Supremesやダイアナ・ロスへのリスペクトを常に口にしているだけに、ともすればヒールとなるこの役をどのように解釈して演じるのか大変たのしみです。

アニカ・ニノ・ローズ/Anika Noni Rose
 物語の中ではややキャラの薄いLorrell Robinson役のアニカ・ニノ・ローズ。1998年スタートのミュージカル版「フットルース」のオリジナルキャストで、2004年の「Caroline, or Change」ではトニー賞を受賞。サードウォッチにゲスト出演するなど活躍の場を広げているが

トラックバックブログ
飛んだ!ひ・こーき!DREAMGIRLS映画版、キャスト発表!
飛んだ!ひ・こーき!Dreamgirls映画版、キャスト一部決定!





posted by Alex at 14:28| Comment(0) | TrackBack(1) | About Dreamgirls | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

Dreamgirls ストーリー(ネタバレ注意)

スターを夢見た3人の少女達の栄光と挫折
 シカゴ出身の3人の女性コーラスグループthe Dreamettesドリームレッツ(Effie Whiteエフィー・ホワイト, Deena Jonesディーナ・ジョーンズ & Lorrell Robinsonローレル・ロビンソン)と野心的なマネージャーCurtis Taylor Jrカーティス・テイラーJrが1962年に出会ったことから物語がはじまります。

 カーティスはすでに大スターだったJames "Thunder" Earlyジエムス"サンダー"アリーの前座にDreamettesを押し込むことに成功。
 カーティスはthe Dreamettesをthe Dreamsと改名すると、エフィーの兄弟でソングライターのCCの力を借りて彼女達をスターダムへと押し上げようとします。一方でエフィーとカーティスは恋に落ちます。
 
 60年代中ごろになってthe Dreamsに転機が訪れます。カーティスはより人気あるグループにしようとリードシンガーをエフィーからスタイルのいいディーナに交代させ、さらににグループ名をDeena Jones&the Dreamsと変更します。また恋のお相手もエフィーからディーナに乗り換えたことでエフィーは落ち込んでしまいます。追い討ちをかけるようにエフィーはDremasから追い出されてしまいますが、なんと彼女は…
 
 エフィーの運命は?Dreamsの運命は?
 
参考資料 Wikipedia ネタバレ有り
posted by Alex at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | About Dreamgirls | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

Dreamgirls って何?

1980年代の大ヒットミュージカル
 Dreamgirls/ドリームガールズは1981年にブロードウェイでスタートした大ヒットミュージカル。現在まで1500回以上の公演数を誇ります。物語はシカゴ出身の黒人ガールグループDreams/ドリームスのサクセスストーリー。トニー賞では12の部門でノミネートされ6部門で受賞しました。主演のジェニファー・ホリデイは一躍スターとなりました。
 何度も映画化の話がありましたが、ようやくDreamWorksとパラマウント映画によって撮影開始、2006年12月に公開予定です。出演はジェイミー・フォックス、ビヨンセ、エディー・マーフィー、ジェニファー・ハドソンとまさに夢のオールスターキャスト。大ヒットが期待されています。
関連記事
ビヨンセの最新主演作「Dreamgirls」 - bounce_com
トラックバックブログ
ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY「ドリームガールズ Dreamgirls」
posted by Alex at 11:27| Comment(0) | TrackBack(1) | About Dreamgirls | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。